Home > パソコン > WindowsXPでローカルフォルダにドライブをマウント(割り当て)する方法(仮想化)

WindowsXPでローカルフォルダにドライブをマウント(割り当て)する方法(仮想化)

WindowsXPでローカルフォルダにドライブをマウント(割り当て)する方法(仮想化)

WindowsXPでローカルフォルダにドライブをマウント(割り当て)する方法(仮想化)

■OS

WindowsXP

■ソフト

cmd(コマンドプロンプト)

■コマンド

subst

■WindowsXPでローカルフォルダにドライブをマウント(割り当て)する方法(仮想化)

cmd(コマンドプロンプト)でsubstコマンドを使ってフォルダに仮想ドライブ名(仮想化)を割り当てる

■手順

「スタート」メニューから「ファイル名を指定して実行」をクリック

「名前」欄のテキストボックスに

cmd

と入力し「OK」ボタンをクリック

「コマンドプロンプト」が起動するので

subst z: c:¥test

と入力して「Enter」を押す

※フォルダ名やパスは環境に合わせて書き換える

仮想ドライブを削除するには

subst z: /d

関連記事:

Home > パソコン > WindowsXPでローカルフォルダにドライブをマウント(割り当て)する方法(仮想化)

Feeds

Return to page top