Home > パソコン > コンピュータディスクハードウェア構成の問題のため、Windowsを起動できませんでしたとエラーが出た場合の修復方法

コンピュータディスクハードウェア構成の問題のため、Windowsを起動できませんでしたとエラーが出た場合の修復方法

コンピュータディスクハードウェア構成の問題のため、Windowsを起動できませんでしたとエラーが出た場合の修復方法

コンピュータディスクハードウェア構成の問題のため、Windowsを起動できませんでしたとエラーが出た場合の修復方法

■OS

Windows

■症状

コンピュータディスクハードウェア構成の問題のため、Windowsを起動できませんでしたとエラーが表示される

■エラーメッセージ

コンピュータディスクハードウェア構成の問題のため、Windowsを起動できませんでした

■原因

Boot.iniファイルの破損

■対策

破損している Boot.iniファイルを修復する

■コマンド

bootcfg /rebuild
exit

■コンピュータディスクハードウェア構成の問題のため、 Windowsを起動できませんでしたとエラーが出た場合の修復方法

1.WindowsXPのインストールCDをCDブートで起動

2.「Windows XP Home Edition セットアップ」の画面が表示されたら「r」を押す

3.「以下のいずれかのキーを押して、キーボードの種類を特定してください。」という画面が表示されたら「半角/全角」を押す

4.「よろしいですか?」と聞かれたらキーボードの種類を確認し「y」を押す

5.「どのWindowsインストールにログインしますか?」と聞かれるので「1」を押して「Enter」

6.「Administratorのパスワードを入力してください」と聞かれるのでパスワードを入力してEnter(パスワードを設定していない場合はそのままEnter)

7.「bootcfg /rebuild」と入力し「Enter」

8.「インストールをブート一覧に追加しますか?」と聞かれるので「y」を押し「Enter」

9.「読み込み識別子を入力してください」と聞かれるので「Microsoft Windows XP Home Edition」と入力し「Enter」

10.「読み込みオプションを入力してください」と聞かれるので「/fastdetect」と入力し「Enter」

11.「exit」と入力し「Enter」

■「Boot.ini」の内容

[boot loader]
timeout=30
default=multi(0)disk(0)rdisk(0)partition(1)\WINDOWS
[operating systems]
multi(0)disk(0)rdisk(0)partition(1)\WINDOWS="Microsoft Windows XP Home Edition" /fastdetect

関連記事:

Home > パソコン > コンピュータディスクハードウェア構成の問題のため、Windowsを起動できませんでしたとエラーが出た場合の修復方法

Feeds

Return to page top