Home > Mac > MacBook Air 2011のUSBリカバリーディスクを作成する方法

MacBook Air 2011のUSBリカバリーディスクを作成する方法

MacBook Air 2011のUSBリカバリーディスクを作成する方法

MacBook Air 2011のUSBリカバリーディスクを作成する方法

■メーカー

Apple

■機種

MacBook Air 2011

■OS

OS X Lion

■作業

MacBook Air 2011のUSBリカバリーディスクを作成

■MacBook Air 2011のUSBリカバリーディスクを作成する方法

1.「アプリケーション」から「ターミナル」を起動

2.ターミナルで下記コマンドを実行し「Apple_Boot Recovery HD」の「IDENTIFIER」を確認

diskutil list

3.下記コマンドを実行し「Apple_Boot Recovery HD」をマウント

diskutil mount disk0s3

4.下記コマンドを実行し「BaseSystem.dmg」をマウント

open /Volumes/Recovery\ HD/com.apple.recovery.boot/BaseSystem.dmg

5.インストールする「USBメモリ」を「MacBook Air」に接続

6.「ユーティリティ」から「ディスクユーティリティ」を起動

7.左側の「USBメモリ」を選択

8.右側の「削除」タブをクリック

9.「削除…」ボタンをクリックしUSB メモリの内容を削除

10.左側の「BaseSystem.dmg」を選択

11.右側の「復元」タブをクリック

12.「ソース」の欄は「BaseSystem.dmg」

13.「復元先」の欄にはコピーするUSBメモリのパーティションをドラッグ

14.「復元」ボタンをクリック

関連記事:

Home > Mac > MacBook Air 2011のUSBリカバリーディスクを作成する方法

Feeds

Return to page top